失敗しない債務整理しませんか? 相談無料 着手金0円
経験豊富な私たちにご相談ください

特に任意整理に関しては、裁判所等の公的機関を通さずに、代理人である司法書士や弁護士と債権者である金融業者との交渉によって行われますので、必然的に各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。
全国からよせられてくるお電話やメールの中に、債務整理をする気持ちは固まったのですが、上手な先生の見分け方がわからない、技術 の高い事務所を教えてほしい等の、自分自身がより優位になる交渉を求める方が増えてきました。これはごく当然の権利ですし、当たり前の気持ちだと思います。

ジャパンネット法務事務所が選ばれ4つの理由
債務整理の法務事務所

高い技術と知識および多くの経験と実績で行なう債務整理でやり直すお手伝いをします。

債務整理経験者スタッフ在籍

債務者の本当の苦しみを理解できるのは同じ経験をした者だけです。

元大手金融業者スタッフ在籍

債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した交渉術。

5000件超の実績件数

全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた信頼と実績により、お客様に最適な解決方法をご提案いたします。

ひとりで悩まず、まずはご相談ください
03-5567-3160
無料メール相談はこちら
深夜・早朝、自宅訪問、遠方出張 無料相談対応
最適な債務整理方法をご提案します

債務整理には、任意整理・自己破産・特定調停・民事再生(個人再生)の4つの手段があります。
現在、個人の方が行える主な借金の整理手段です。この四つの手段をその人がおかれた状況とその人がどうしたいのかという希望を考慮して任意整理をするか自己破産をするかなど判断して行きます。
よく話を聞いてくれて、 分かりやすく教えてくれて、親身になって考えてくれる、そして何より、全ての債務整理の方法と、全ての金融業者の対応を熟知している、そんな法律家と失敗の無い、成功する債務整理を進めましょう。

債務整理には次の4つの手段があります
任意整理

任意整理とは、法律専門家が法律のもと、債権者と交渉して、出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在(既に債務が無い)、不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)、過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)等の方法を用い、正当な残債がある場合は、合意和解の上、無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です。

特定調停

特定調停とは、裁判所のもと調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。

自己破産

自己破産とは、借金超過で支払い不能、若しくは支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です。

民事再生(個人再生)

民事再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)とは、自宅、所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です。

債務整理を考えている方や借金でお困りの方、まずはご相談ください
03-5567-3160
無料メール相談はこちら
深夜・早朝、自宅訪問、遠方出張 無料相談対応
多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ

楽ではない返済の中にあってもなかなか債務整理に踏み出せない人はたくさんいらっしゃいます。
債務整理という選択肢を考え始めてから毎日のようにホームページや書籍等を読みあさり、幾度となく債務相談をくりかえし五年の月日を経て依頼をしてきた方がいらっしゃいます。法的な手続きにより金銭的には五年分のロスは取り戻すことはできました、しかし決して長くはない人生の大切な五年間を苦悩の日々にしてしまった事は、法的に取り戻すことは絶対に不可能です。
多重債務を楽観的に考えるということではなく、債務整理という法律で与えられた正当な権利を行使するということです。

現代のストレス社会は借金以外にも頭を悩ませることがたくさんあるはずです、する必要のない回避できる苦労なのであれば、ちがうことに労力をついやし有意義な人生を送るべきではないでしょうか。法的な処理をおこなえば過払い金が返ってくるであろうことを感じていても、また来月決められた金額を返済しに機械の前に立つのでしょうか。法的な処理をおこなえば残金の減額や利息が無くなることは知っていても、自分の中の良心や道徳心がその行為をさせないのでしょうか。それは自分のためですか?それとも大切な誰かのためですか?それが大切な誰かの為で、その大切な人もあなたのことを大切に思っているのなら、あなたにこれ以上の無理はさせたくないはずです。

多重債務という過酷で険しい道のりを必死に耐えしのぶ姿はときに立派かもしれません。でも必死に耐えしのぶ理由は何ですか?耐え忍んだ先に何かが待っているのですか?耐え忍ぶ明確な理由が漠然と見当たらないのであれば、一日でも早く解決に向けた第一歩を踏み出して下さい。これは債務整理に長年携わり悲しい現実を幾度となく見てきた者からの強い願いでもあります。

いのちより重要なお金の問題はありません
03-5567-3160
無料メール相談はこちら
深夜・早朝、自宅訪問、遠方出張 無料相談対応